SSブログ

もう秋?もう還暦か? [家族]

穂葉茎に

揺れる濃淡

文月の田


 道場のある九十九里町から自宅へ向けて、水田の間を車は疾駆していました。稲穂がすっかり成長して、濃淡のある緑が揺れ、柔らかい絨毯のようでした。


 文月とは「ふづき」とも読み、七月のこと。季語は秋です。本格の暑さはこれからなのに、もう季節は秋なんです。

 ついこの間まで「急げ青春!」と思っていたのに、1960年生まれの私は、もう還暦なんです。この「もう」が曲者です。何かやり残した後悔あるから、「もう」。時代ごとにやりこなして先へ進みたければ、「まだ」のはずです。

 還暦からの生き方・道場運営を考えて、外房へ転居し、道場を設けたりしてきました。準備してきたのに、私は不覚にも「もう」と、思ってしまいました。なぜか?内容がともなっていないからでしょう。

 しかし、今からでも遅くない。芸の花を咲かせたいです。「あいつは遅咲きだったけど、一つ花を咲かせたね」と、言われるようになりたいものです。これからも一稽古人に過ぎません。

タグ: 還暦 文月
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。