SSブログ
武道:剣柔一体(気剣体) ブログトップ
前の20件 | -

一人稽古とは、中心の確立 [武道:剣柔一体(気剣体)]

武道場不動堂.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

合気の鍛錬は余念がなく [武道:剣柔一体(気剣体)]

石川智広.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

惟神の道 [武道:剣柔一体(気剣体)]

本部二教.jpg



タグ:随神 惟神
nice!(0)  コメント(0) 

撞木足(レの字立ち) 剣居合棒体術、全てに共通の基本です [武道:剣柔一体(気剣体)]



nice!(0)  コメント(0) 

合気和合の技を求めて [武道:剣柔一体(気剣体)]



タグ:和合
nice!(0)  コメント(0) 

不動不戦不争の不動心妙剣 [武道:剣柔一体(気剣体)]



タグ:不動心妙剣
nice!(0)  コメント(0) 

老練な心技体、会得したい [武道:剣柔一体(気剣体)]



タグ:老練
nice!(0)  コメント(0) 

中心力の会得と実践 [武道:剣柔一体(気剣体)]



タグ:中心力
nice!(0)  コメント(0) 

中野道場 片手取り両手持ち [武道:剣柔一体(気剣体)]



nice!(2)  コメント(0) 

攻防一体とは [武道:剣柔一体(気剣体)]

攻防一体とは 

防御が即、攻撃。

攻撃が即、防御。

あるいは

防御なくして、攻撃無し。

攻撃なくして、防御なし。

そして

防御と攻撃は、中心を取ることに収斂する。

これは剣術において、体術において、どのようなことなのか。考えたいと思います。

続きを読む


タグ:攻防一体
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

歩けば技になる 錯覚と術 [武道:剣柔一体(気剣体)]

歩けば技になる

「歩けば技になる」と、植芝盛平先生が仰せになったと伝えられます。 歩くような簡素な動作で、相手に力を感じさせずに崩したり制することが、可能でしょうか? 

「歩けば」:相手の肩や中心を取っていれば、言葉のままにまっすぐ歩くだけで、崩す技になります。この場合、無駄のない自然な動作で動くことの大切さを象徴して「歩けば」としているのであって、他の表現でもよいのです。例えば「カーテンを開くように」とか、「針の穴に糸を通すように」とか、「お茶を飲むように」でも良かったのです。

再現性あるとすると、どのように考えるべきでしょうか?そして、どのように稽古すべきでしょうか?

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

腰力と中心力 [武道:剣柔一体(気剣体)]

腰力と中心力

腰力と中心力は別物です。しかし一般に、腰力と中心力や丹力は、同じものと思っている人が多い。 

単に腰で押したり引いたりする力は、和とか緩みとは対極にあります。

その証拠に、腰力はニ呼吸動作ですが、中心力は一拍子・一呼吸動作です。

続きを読む


タグ:中心力
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

呼吸力 即ち 養気錬丹で無拍子の世界へ [武道:剣柔一体(気剣体)]

呼吸力とは 

呼吸力とは、力と速さを消して、相手に反応させない動きのこと。それゆえ植芝盛平先生は「合気に形なし」と、表現されました。

以前も「呼吸力や中心力と表現されるものは何か」について、書いていると思います。時間が経ったので、改めて書き直してみます。少しでも理解しやすい表現になれば、幸いですが。

武道の稽古では、「型より入って、型より出る」との表現あります。習い方を、二つの階梯に分けたものです。

前段の「型より入って」は、養気錬丹整体研技ということの「整体研技」と思います。後段の「型より出る」は、養気錬丹整体研技ということの「養気錬丹」と思います。

「呼吸力や中心力と表現されるもの」、以後は呼吸力とのみ表記します。楽心館において呼吸力の養成は、「養気錬丹」そのものであり、最小の動作で最大の効果を生むための訓練です。

では具体的に何をしたら、良いのでしょう?

続きを読む


タグ:呼吸力
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

松風の理:正面打ち一教を考えます [武道:剣柔一体(気剣体)]

正面打ち一教
写真は千葉市武道館にて、正面打ち一教肘抑え
小野派一刀流剣術に、「松風の理」という言葉が伝わります。これも、剣術と柔術に普遍的な教えだと思います。
今日も外れたことに拘泥すると、「それは枝葉末節である」と指摘されます。この対語は、本質・大局です。
「雪に耐え、嵐に耐えし後にこそ、松の位も高く見えけれ」 ―明治天皇 御製― 明治天皇は日本の長い歴史と民族の強さを、松の木にたとえて詠まれたのではないかと思います。松の幹は日本建築の梁としても使われる、強い材質です。松は日本民族にとって、忍耐強さの象徴です。
風がいくら強く吹いても、それが松の枝に向かったものであれば、根と幹の強さに跳ね返されて、ビューっと風は松の枝に斬られてしまいます。
こうしたことは武道の稽古の中で、頻繁に起きます。
剣術で仕掛け太刀が、大上段正面斬りにくる。それを打ち太刀が、斬り落とそうとする。初心者であれば、いくら力任せに仕掛け太刀を叩いても、跳ね返されて斬り落とすことはできません。
同様に柔術や合気道で、仕掛けが正面打ちにくる。それを見て、正面打ちを肘抑えに取ろうとする。初心者であれば、いくら力任せに捻じ抑えようとしても、中心線を取られて抑えることはできません。
こんな時、「松風の理」を考えます。枝に迎え風は、切り返される、ではどうしたらよいのでしょう?どうしたら松の枝を、揺るがせるでしょう?
もちろん枝葉ではなく、本質・大局です。風は、松の幹と枝の付け根に向かって当たります。すると枝は、無力化します。「斬り結ぶ 太刀の下こそ地獄なれ 一歩踏み込め あとは極楽」と、同一でもあります。
写真は6月23日の稽古風景。牛久の二宮指導員にスマホを渡して、何気なく撮っていただきました。受けの肩付け根が、取りの中心線にきている。取りの両腕が柔らかい合谷になっている。まずまずの技ですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

How to use the hips and the knees:足腰を緩めて [武道:剣柔一体(気剣体)]

大東流 棒術
大東流 棒術
今日は古流研究の日。場所は千葉市武道館。月曜日午前の稽古。ほんの4名ですが、この時間なら参加できるという方々で、古武術を学ばせていただいています。
なぜなら剣術・棒術の接触技術に合気があり、その理のままに体術を行うのが大東流であります。これを大東流山本角義派では「剣柔一体」といいます。
私はこうした訓練を経て、養気錬丹の合気道を、楽心館で普及しています。
さて、写真の解説に入ります。
1.大東流山本角義派に伝わる居合・剣術・棒術には、「うねり返し」という共通の技があります。棒術(錫杖術)の技が、以下の動画の5:27の後に出ています。
2.「うねり返し」は、大上段正面切りに来る剣を、こちらの棒との接点を合気にして、切り落とす技です。
3.この記事の写真は、「うねり返し」の基礎鍛錬を、棒で掛け合っているところです。
4.注意点は、腕力で捻ったり、腰で体重を乗せて落そうとしたり。これは無駄な努力です。相手の棒を握る腕の肩肘を、抜いたり返すように導きます。この時棒と棒の交点が、合気になります。
5.中心と緩み、氣と丹田、膝と腰の使い方が大切です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

スキージャンプ競技と剣の理 「静止姿勢」と「重心」の関係 [武道:剣柔一体(気剣体)]

ソチオリンピック近くなり、各競技の話題が、多くなりました。私たち剣の理により術の体得を目指す者として、スキージャンプに関心持ちました。日本には岡部・葛西選手など、優れたジャンパーが多く、彼らの技術論・映像は誠に良い教材です。

 

スキージャンプ競技について私は素人であることを前置きして、剣の理からみた感想を述べます。この競技の要点は

1、ジャンプ台を助走する姿勢と速度

2、踏み切り台から飛び出すタイミング

3、揚力を生む飛型・滑空

であると思います。

 

そしてこれは剣の理において、次に相当します。

1、正座なり立位の静止姿勢

2、一拍子の抜き・打ち

3、最小・最短・最弱の等速運動(剣先の描くライン)

 

 

長野オリンピック スキージャンプ競技

 

 

この動画は、原田選手が中心に描かれています。しかしことの本質は、原田選手をはじめ全ての選手が認めていることですが、2回目の一番手として飛んだ岡部選手の飛距離でした。この動画の2:06から2:24が、その部分です。

岡部選手が137m飛んだことによって、後に続くの選手の能力が、最大限引き出されたとのことです。

長野オリンピックの開かれた98年の岡部選手を特集したテレビ番組がありました。それによると98年の岡部選手は、絶不調なため、ワールドカップ転戦を断念し、帰国したそうです。そこで何をしたのか?それがたいへん興味深いものでした。

岡部選手が取り組んだのは、「ジャンプ台を助走する姿勢と速度」についてでした。そしてこれは、居合・剣術を学ぶ者にとって、「正座なり立位の静止姿勢」と「重心」の関係を考える上で、示唆を与えます。

 

参考 合気道とニュートン力学(その2)

続きを読む 「静止姿勢」と「重心」の関係


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

「剣術の合谷」と「ゴルフのV」 [武道:剣柔一体(気剣体)]



楽心館で現在の最高齢は、80歳のTさんです。合気道の他の趣味は、ゴルフとカラオケ。剣を上段に構える時は、どうしてもゴルフクラブを振り上げた時の形になってしまいます。

「それでは上段の構えではなくて、冗談の構えですね?」などと、明るく稽古させていただいています。

 

Tさん:「剣術とゴルフは、共通しますよ。一つは頭を動かさないこと。もう一つはVの字に、剣もクラブも持つこと」

 

合谷
 
 
 
上の写真の私の体と剣を持つ両腕を天井から見ると、Vの字になっています。これを日本では合谷といいます。英語でいうVも、valley(峡谷)からきているので、同じ意味です。

 

私:「冗談だなんて、たいへん失礼しました!」

確かにその点は、共通にして最重要です。Vの字とは、剣術でいう三つの合谷(ごうこく)の握りのこと。「頭を動かすな」とは、剣術の口伝ではないですか!中心(不動の頭)と合谷なくして、気剣体一致は、ありません。

 

今日は、Tさん小学生の時の疎開の話になりました。品川区から宮城県刈田温泉に、行ったそうです。私は「ご両親と別れる時は、哀しかったでしょう?」

Tさん:「皆たいへんな時だったから、なんとも思いません」(笑い)。

私:「10万人以上の犠牲者を出した1945年3月10日の東京大空襲の知らせを受けた時は、心配されたでしょう?」。

Tさん:「皆たいへんな時だったから、なんとも思いません」(笑い)。

私:「刈田温泉、その後、訪ねましたか?」。

Tさん:「いいえ、辛い思い出ばかりだから、一度も行きません!」。

 

最後に本当に御気持ちを、吐露されたのだと、思いました。

 

 


絵物語・学童疎開〜うちに帰りたい!〜


全国学童疎開連絡協議会



タグ:合谷

日本剣道形で、スポーツと武道、合気を考えます  [武道:剣柔一体(気剣体)]

「スポーツと武道」、入り口は

入り口は違うものです。しかし、奥に入れば「やり直し出来ない 」真剣さは、同じだと思います。

*スポーツとは

ラテン語のdeportarel  portは「港」の意味。deは英語のfromのような意味だそうです。deportを日本語にすれば、「港を出る」。転じて「日常を離れる」ほどの解釈が可能でしょうか。portareは「荷を担う」の意味。deportareは、「荷を担わない、働かない」ほどの意味だそうです。

これが古いフランス語でdesport。

そして今日、sport。

語源に忠実に言えば、「気晴らし」・「気分転換」が、スポーツの入り口であるといって良いと思います。

ですからその入り口は広く、「誰でも陽気に楽しく」。

 

*武道とは、矛と止の会意文字

「矛」とは、武器のシンボル、転じて危険な場所へ武器を持っている様子。

「止」とは、足・かかとの象形文字で、転じて踏み込むこと。武とは、危険な場所へ勇気を持って踏み込む行為を意味します。

それを人間形成の道として昇華したものが、「武道」・「武術」だと思います。

ですからその入り口は狭く、「その必要を自覚した人が、必死に耐えてやるもの」。

私たち楽心館では、入門の問合せがあると、説明文の中に次の文章を入れています。入門書にも同様の誓約を、明記しています。

*危険負担について
武道経験のあるなしに関わらず、入門によって危険負担の承認が発生します。
健康教室とは異なって、格技を掛けたり掛けられたりする場です。
毎年度ごとに年会費のをお納めいただくことで、スーポーツ安全保険(傷害保険・損害保険)ご加入に、お申し込みいただきます。
ただ軽くお体を動かしたい、そういう動機でしたら、何か他の軽い体操やスポーツをお選びになった方がよろしいいかと存じます。
あくまで武道を修錬する場であることを、ご承知おきください。
もちろんお子様や初心者は、それにあった軽い動作や姿勢から稽古に入ります。
知識経験のない初心者であっても、丁寧にご指導させていただきたく存じます。

 

*かつては日本でも、武術を踏まえた上での武道であったはずです。

以前、私が見聞した話です。ある稽古先は、隣が少年剣道でした。その剣道会は、竹刀競技をする前に、日本剣道形・切り返し稽古を、行っていました。青少年の稽古とはいえ、私は指導方針のしっかりしたことに、感心していました。指導者は、40歳代の男性、二人でした。

ある日のことです。70歳後半から80歳を過ぎたと思われる背の曲がった老人が、たまたま体育館を利用しました。そこで剣道をやっているのを見かけ、日本剣道形を行っているのを見て、懐かしかった様子です。戦前は帝国剣道形と呼ばれたものだ。「拝見させてください」と正座して見学を始めました。

仕太刀が小手打ち、打ち太刀が「摺り上げ小手」の形をしばらく見ていると、老人はスクッと立ち上がりました。

老人「私ら戦前は、こうして教わったんです。斬るんです。斬るのが技なんです!」。そして「ちょっと貸してください」と、木刀を取り、形を始めようとしました。

私は隣で合気道の指導をしていたのですが、老人はハキハキ通る声で仰せになるので、何かが起きる予感しまして、注視しました。

老人は「小手を切るんです!こう切るんです。私ら、こう教わったんです」。そう強調しながら、摺り上げ小手を、行いました。

その技は、二点で、四十台指導者の技と異なっていました。

一、 指導者の技は、仕掛けの小手打ちを楕円を描くように摺り上げ、小手を打ちにいくもの。

老人の技は、正眼から直線に仕掛けの小手打ちを摺り上げにいき、直線に小手を切りにいくので、剣先が三角に移動するもの。最小最短柔らかく、結果として最速の武術的動さ。

一、指導者の稽古の関心は、いかに摺り上げるかで終わっている。

老人の技は、摺り上げは一過程に過ぎず、切ることにいかに身を入れるかが技であると強調されていること。

老人は、術ある剣道です。若い指導者の技は、いかに切るかの大切さが薄かったのかなとさえ、感じられます。 老人の指摘に対して、返す言葉がないように指導者は黙るばかりでした。(指導者の立場に立ってみれば、それは分かっているけれども、現代の子供の指導には必要ない?ということかもしれません)

老人は剣道家でも何でもありません。少年時代、剣道に親しんだ。だけどその時代は、術をして剣を学んだのです。競技として剣道をしている指導者と、こうした差が生ずるとも考えられます。

たとえ剣道でも、競技に留まっていれば、スポーツでありゲーム、とい批判も出かねません。

やがて老人は「良い勉強させていただきました。ありがとうございました」と、礼を言って去りました。

 

*合気と剣は

もちろん大半の剣道家は、斬る刀法・身法・心法を一致させるべく、精進なさっている。私達もこれを機会に、「合気は剣の理合」と語りながら、剣知らずに陥っていないか、猛省したい。

武田惣角先生は一刀流をやっていたから、一刀流をやれば良いのではない。植芝盛平先生は諸流学んだ中で真陰流をやったことがあるから、真陰流をやればよいというでもない。

身を入れて合気になる接触感覚がなければ、何をやっても駄目だ。それがあれば、何流をやっていても有益です。

 

 演武中、心気入って小太刀へし折れるが、落ち着いた対応も立派


タグ:日本剣道形
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

剣の理・小手の合気・体の合気は一貫している [武道:剣柔一体(気剣体)]



タグ:合気

剣柔一体:おかげさまで、やっと基本動作~剣術~体術と流れがつかめてきました [武道:剣柔一体(気剣体)]

石川先生、こんばんは

しとしとと雨が降る中、先週の(お化け)一件もあり、どんよりと気が重く始まったお稽古ですが、今日は大丈夫でした!

4月から始めた親子ふたりのお稽古、おかげさまで、やっと基本動作~剣術~体術と流れがつかめてきました
私自身の成果はさておき、賢の青帯の技も細かい所は石川先生に手直しをお願いするとして、大分形になってきたので、9月の審査会に行けたら、と思っています

 

賢ちゃん体の変更.jpg
 
 
 
Tさん、こんばんわ、石川です。
 
「 基本動作~剣術~体術の流れがつかめた」とは、凄いですね!
刀法の背景にある身体法。体術の背景にある身体法。
その両方が、基本動作や基本技技の稽古で、一体となった。
ということですね。
 
それが剣柔一体の合気の道統を継承する、我々の稽古法です。
 
7月末の兵庫訪問が、益々楽しみです。

タグ:道統
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の20件 | - 武道:剣柔一体(気剣体) ブログトップ